« CDR | トップページ | ピクルス »

グレープフルーツの魅力

忙しくてなかなか家で食事できない人は、毎朝グレープフルーツ一個食べることをオススメします。
ジュースにして飲むなど、なんでもいいから毎朝一個です。
グレープフルーツは美容にダイエットにアンチエイジング効果と魅力的な果実です。
でもなんといってもその魅力は、脳卒中や心臓病の予防です。
脳卒中や心臓病の主な原因は、動脈硬化です。
動脈硬化の原因は高血圧、タバコ、コレステロール、糖尿病です。
脳卒中には血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血、
脳の動脈瘤などが破けてくも膜の下に広がるくも膜下出血の
3つがあります。この脳梗塞は死因になるだけではなく、痴呆の原因に
なるとも言われています。
私も最近検査で、コレステロールが少しだけ高めと言われてしまいました。反省です。
血圧をコントロールできれば、動脈硬化を防ぎ、脳梗塞の半分を予防できることがわかっています。血圧を自分で管理するには、太り過ぎない適切な体重の維持、塩分(一日10g以下)とアルコール(ワインなら200ml程度が適量)をとりすぎないこと、運動不足を解消すること。これで高血圧を予防します。簡単ではないけれど、動脈硬化や脳梗塞のリスクから少しでも解放されたければ、これを習慣付けたほうがいいのです。
アメリカのハーバード大学の調査で、柑橘類を食べていると、脳梗塞を減らせるという結果が出たそうです。
柑橘類を毎日食べ続けてるグループは、ほとんど食べない人に比べて
脳梗塞になる人が28%少なかったのです。さらに柑橘系のジュースを
毎日240ml飲んでいるグループは飲んでいない人に比べて、脳梗塞になる人が35%少なかったそうです。
生の柑橘類やジュースの効果が高いことがわかっています。
グレープフルーツなら一個、オレンジなら二個と言われています。
ビタミンなど単独のサプリメントより、いろいろな成分が含まれる食品から
摂ることに意味があると医学的には考えられているようです。
※グレープフルーツは薬といっしょに飲むと、薬の作用や副作用が強く出ることがあると言われています。降圧剤などお薬を服用している人は医師に相談することが必要です。

|

« CDR | トップページ | ピクルス »

健康」カテゴリの記事

医食同源」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事