« ネトルの力、追加 | トップページ | 夕景 »

作詞家 森さんとランチ

今日は作詞家の森由里子さんと、念願のランチです。約束したのは、もう去年の11月。やっとやっと会えます。
お天気がよくて気分がよかったので、ウォーキングがてら歩いていくことにしました。渋谷までだから10000歩はないと思うし。というわけで、スタート。
歩き始めて、すぐにバス停がありました。時刻表を見たくなって近づくと「バス遅れているみたいですよ」って、待っていたおばあさんに近いおばさんが言いました。
「そうなのですか」と答えて、歩き出しました。
すぐに次のバス停です。何故か歩くスピードを落としてしまいました。
バス停の前でおばあさんと目が合い、おじいさんに目を移すと「バスが来ないのよ」とおばあさんが言いました。おじいさんも同じ内容のことを私に言い、私が歩き出すと「時間通りに来たことがないのよ」とおばあさん。
「そうなのですか」と私が言います。「まったくここのバスは田舎のバスだわ」立ち止まらない私の背中で、おばあさんの声がしました。私は思わず、振り向いて笑いかけました。私にはこんな経験はあまりありません。なにしろ2年前まで、タクシーと自家用車が交通手段でしたから。
さらに歩いて、次のバス停を通過、途中でメールが来たので♪ものすごくペースダウンして歩道橋の上でメールを書いて、東急本店の通りへ入りました。歩きながらも書いたので、危ないとご注意をうけるかもしれませんね。すみません・・・・・。
もうここまで来れば、ラストスパートです。
待ち合わせ時間に楽勝に間に合って、VIRON(ヴィロン)というお店に到着。ここは森さんおススメのフレンチ・カフェ。早起きして頑張る!と言う森さんがすくに到着。店内はランチの主婦で溢れている感じでした。優雅だよなぁ、世間の主婦・・・羨ましい〜。私たちは積もる話が山盛りで、話がつきなくて。森さんのお話がおもしろくて、時間を忘れました。特に和気清麻呂(わけのきよまろ)の話〜相変わらず森さんのスピリチュアル系の話に圧倒されながら、楽しい時間を過ごしました。

080222_nsalad


  

メインは二人ともニース風サラダにしました。ちょっと、ダイエットを意識して・・・。






080222_ymori



中森明菜の「TATTOO」やドラゴンボールの作詞をされている森由里子さん。
メインが運ばれてきてから二人で「もう一つは違うものにすればよかったねー。それで半分ずつ分ければよかったねー」と言いながら食べました。美味しかったけれど、見てのとおり大きなお皿に生野菜がたっぷりだったので・・・。もう一品欲しい感じになりました。一階がパン屋さんというだけあって、パンも美味しかったです。



080222_desert

デザートは森さんが冬限定の「タルト・タタン」生クリーム添え。私のは名前を忘れてしまいましたが、チーズのムースみたいなものという説明のお菓子でハチミツがかかっていました。二人で分けっこして食べました。やっぱりボリームがありました。両方とも美味しかったです。なんとここは私の好きなルイボス茶が飲める初めてのお店です。それも気に入りました。

|

« ネトルの力、追加 | トップページ | 夕景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148701/40233405

この記事へのトラックバック一覧です: 作詞家 森さんとランチ:

« ネトルの力、追加 | トップページ | 夕景 »