« 恋文な朝 | トップページ | 金魚の入っているお水 »

夜の景色

東京タワーのライトが、暗闇をはっきりと縁取っていた。
夜空のイルミネーションは、まるで宝石を散りばめたように、
きらめいていた。なんて綺麗なの!
11階の大きな部屋。
目の前の巨大なガラス窓に輝く夜の景色は、ハワイのより、遠い夏の日のドライブのより、ニューカレドニアの星空のより、今までに見たどんな夜の景色のよりも、私の心を揺り動かしていた。
もう少しだけ ここにいさせて。
目をつぶってしまうのが、もったいなくて。
あなたの後ろに広がる輝きを、もう少し見つめていたい。
夢のパノラマ。眩しくても目をそらしたくなくて、 
話をもっと聞きたくて、じっとしていた。
時を止めたい。
今日はあなたがあまり寂しそうじゃなかったから、
私はすごく嬉しかったよ。
真っ暗な闇だから、こんなに綺麗に輝くのかな。
どんな豪華な宝石も、あなたの胸に浮かんだ、きらめきには勝てない。

2005.10.30

|

« 恋文な朝 | トップページ | 金魚の入っているお水 »

Blackboard」カテゴリの記事